レーシック施術眼科:錦糸クリニック

はてなブックマーク - レーシック施術眼科:錦糸クリニック
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
レーシック施術眼科:錦糸クリニックレーシックってどうなの比較

レーシックの本も出版しているレーシックのパイオニア:錦糸眼科
錦糸眼科

錦糸眼科は、最新のイントラレーザー iFSを採用しています。

レーシック施術のパイオニアとも言える錦糸眼科は、常に最新の機器を使用している様です。

錦糸眼科で使用しているイントラレーザー iFSは、フラップ切断面を鋭角にする事ができます。

フラップの切断面が鋭角である事で、元の位置にすっと収まります。

 

そして、ずれる事が少ないのです。

 

レーシックの根幹であるエキシマレーザーはクノラス社の最新機器 Technolas 217Pを使用しています。

クノラス社の最新機器 Technolas 217Pは、切断面が非常に滑らかだそうです。

それは、すぐれたプログラムアルゴリズムが成せる技だと言う事です。

 

錦糸眼科では、従来のマイクロケラトームによる施術も行っており、両眼8万と低価格です。

しかし、目は一生の物です。

最新の機器によるカスタムな施術が良好な視界を作ると思います。

 

できたら、最高の治療を受けたいですね。

錦糸眼科は、最高でも26万円。

一生涯のコンタクトレンズ代、眼鏡代を考えると安いのでは無いでしょうか?

 

一般的なワンデーコンタクトレンズが2000円近辺です。

これが両眼4000円

年間48000円

なんと、5年でペイできます。

 

そして、快適さは雲泥の差ですね。

 

 

錦糸眼科

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*