エキシマレーザー

はてなブックマーク - エキシマレーザー
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
エキシマレーザーレーシックってどうなの比較

エキシマレーザーって?
レーシックで用いられているのはレーザーです。
角膜をレーザーで削るって感じのようです。
レーシックで使用されているレーザーは、エキシマレーザーと言われるもの。
エキシマレーザーのエキシマはフッ化アルゴンガスのことだそうですよ。
レーザーって言ってもいろいろありますよね。
一般に一番なじみのレーザーは、コンサートなどの会場で使用されているレーザーでしょうか。
ヘリウムネオンなどで作られているそうです。
私なんかは、レーザー兵器が思い浮かべられます。
米ソ冷戦時代には開発に力が入っていて、21世紀の軍隊はレーザー銃を持っていると思ってました。
あと、あれかな、鉄板とかきるレーザー。
鉄板が一瞬でカットされます。
医療用でもレーザーメスなんて使用されてますね。
その様なレーザーの中でも波長が短いのがエキシマレーザーなのです。
光って電磁波です。
電磁波は振動してるんです。
何が振動しているかは、詳しく書きませんが、ギターの弦を思い浮かべてもらって、ギターを弾くと揺れる弦は振動していますね。このギターの弦の長さ(厳密には違いますが)が波長です。
波長が短くなると弦が短くなっているような感じです。
波長が短いと言うことは、微細な加工がしやすいと言うこと。
しかも、衝撃波を伴わないため、物質の温度を上昇させずに削ることができるんですね。
目の温度上がったら大変です。
白濁するかもしれませんしね。
この微細加工ができて、しかも、温度上昇しないエキシマレーザーを使用して角膜のカーブを平坦化して近視を治療していきます。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*