レーシックの問題点

はてなブックマーク - レーシックの問題点
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
レーシックの問題点レーシックってどうなの比較

レーシックの問題点
それはやっぱり問題もあるでしょうね。
だって、角膜を捲り上げてレーザーを当てるのですから。
特に、初期のレーシックではいろいろと問題点があったようです。
初期のレーシックにあった問題点は、技術の進歩で解消されつつあるようです。
レーシックは、医師の経験よりも機械の性能によるところが多いといえます。
新しい機械の方が性能も改善されているわけですね。
特に、フラップを作る時の切り口が歪であるために起こるハレーションなどは、イントラレーシックの進歩と共に減少しています。
また、エキシマレーザーの照射速度と細かさの向上から見え方や視力回復の度合いも解消しています。
ただ、全て解消しているかなかなかわかりませんよね。
私の周りのレーシック経験者は、現在メガネから解放されている人たちが多いです。
この実証例が一番信用できる情報かもしれません。
そんな、経験者に聞くと、少し物が2重に見えたりすることがあるようです。
しかし、普通に生活している状態では問題が無いようです。
副作用
本や説明用冊子などで上げられている副作用は幾つかあります。
1、ハロ
ハロといわれている現象のようで、明るい光源がにじんだ様に見える症状のようです。
コンタクトを長時間つけたままにしてしまった時、たまに似たような状態になります。
あんな感じかなって思います。
若い人に多いと書かれています。
ただ、通常は3ヶ月ぐらいから徐々に解消されていくようです。
2、スターバースト
明るい光源周囲に光が細く広がって見える症状のようです。
カメラにフィルターをつけた様な感じでしょうか。
3、コントラストの低下。
これは、初めて知ったのですが、暗いところで鮮明さが低下するようです。
この現象も若い人や極度の近視のかたの手術の時に多いようです。
4、ドライアイ
ドライアイは、コンタクトレンズなどでも起こりえますから、ある程度宿命的な症状かもしれませんね。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*