後遺症

はてなブックマーク - 後遺症
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
後遺症レーシックってどうなの比較

後遺症
レーシック手術を行うことで発症してしまう後遺症的な症状があります。
とは言っても、イントラレーシックではほとんど起こる事は無いようです。
一時期、フラップを作る時のマイクロケラトームの不正な使用によって、感染症に感染したり、細菌や真菌が感染してしまったケースが報告されました。
おそらく現在はそんな医院はないとは思いますが、こればっかりはわかりません。
いい医院を選ぶしかないですね。
感染症としては、ブドウ球菌などは目の周辺に存在していて、結膜炎などを起こします。
このブドウ球菌がレーシックの際に切開部やフラップに混入することが考えられます。
抗生物質の点眼液をしっかりと行うことで、これらの細菌の感染は防ぐことができますので、手術後は処方される点眼液をしっかりとする必要がありますよね。
ウイルス感染症はは抗生物質では予防できません。
レーシック後、涙が減るドライアイなんかになると、人に近いウイルス、ヘルペスウイルスなんかが結膜炎を起こす可能性があるおうです。
イントラレーシックは、レーザーでフラップを作るようで、しかも、眼に触れる部品は全てディスポーサルなので、他人からの感染という観点で行くと安全なようですね。
とは言え、抗生物質の点眼などは必修です。
抗生物質を点眼しないと角膜潰瘍などが起こる可能性があるようです。
角膜潰瘍になると角膜の組織が崩れて潰瘍となります。
怖いので、ちゃんと点眼しないといけませんよ。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*