スポーツ選手は目が命!プロゴルファーの体験談

はてなブックマーク - スポーツ選手は目が命!プロゴルファーの体験談
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
スポーツ選手は目が命!プロゴルファーの体験談レーシックってどうなの比較

スポーツ選手にとって目は命ですよね。

特に、球技のスポーツ選手は、視力によって成績がかわってしまいます。

賞金に直結するプロゴルファーならなおのことですね。

 

速く動くボールを捕らえる野球やテニス、時速300キロを超えるシャトルが行きかうバトミントン、目が必要な競技はそれだけでは無いんですね。

 

ゴルフも、地形を読む事が大切。

視力がよければ芝目も読みやすいですよね。

その少しの違いが、大きく成績を左右しかねないわけです。

 

更に、屋外でのプレーを余儀なくさらるゴルフ。

環境の変化に伴う感想や強風による異物の混入などのリスクが付きまといます。

コンタクトレンズの場合、プレー中に異物が混入すると致命傷です。

 

乾燥により、見えにくくなることもあるようです。

美人プロゴルファーの宅島美香さんもレーシックを受けて視力を回復した一人だそうです。

宅島美香さんがレーシックを受けたのは、品川近視クリニック。

先生やスタッフが優しくて、リラックスして受けることができたそうです。

宅島美香さんも、はやく受ければよかったと感想を書いています。

 

翌日には、眼鏡やコンタクトレンズなどの矯正なしで、くっきりと景色が見えたそうです。

宅島美香さんにとって意外な効果は、プレーに集中できるようになった事のようです。

コンタクトレンズでは、目が乾いている事で、気がそれたり、ごみが入るので張って気を使っていた宅島さん。

そんなわずらわしさが無くなって、自信を持ってプレーできるようになったのだそうです。

 

まったく痛みも無く、怖くも無かったと言う感想ですね。

痛みもないのであれば、手術を受けたいって人は増える様におもいますね。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*