レーシック体験談:フリーキャスター吉野三香さん

はてなブックマーク - レーシック体験談:フリーキャスター吉野三香さん
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
レーシック体験談:フリーキャスター吉野三香さんレーシックってどうなの比較

25年にわたってコンタクトレンズを使用してきたフリーキャスターの吉野三香さん。

わずか20分の手術で視力回復が可能だと言うことに感動しておられます。

品川近視クリニックで手術を受けた吉野三香さん。

 

手術翌日は、もうメガネなしでの生活。

裸眼の方がくっきりと見えることのすばらしさは体験したひとしかわからないかもですね。

吉野三香さんが一番心配していたのは痛みだそうです。

しかし、2回の点眼による麻酔でまったく痛みはなかったそうです。

私の友人は、レーザーが当たったときだけ少し”チク”っとしたそうです。

手術中は痛みが無かったと言う吉野さんも、帰宅後は目がしみる程度の違和感はあったそうですね。

24時間裸眼ですごせるすばらしさを実感している吉野さん。

レーシックを受けた方のほとんどが言っている事ですが、なぜもっと早くレーシックを受けなかったのだろうって事です。

 

はやく受けていれば、人生が変わっていたかもって事です。

ただ、技術の進歩はすさまじいです。

特に、レーシックに使われる、イントラレスレーザーやエキシマレーザーの機械は、進歩著しいですね。

以前は、刃物で作成していたフラップも、レーザーで作成し、均一でずれの少ない、より安全な手術になりました。

まだ、受けていない私たちは、より安全に受けることができるって事ですよね。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*