眼の仕組み

はてなブックマーク - 眼の仕組み
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
眼の仕組みレーシックってどうなの比較

私、飛蚊症です。
あっ、でも生理的飛蚊症ってやつですよ。
生理的飛蚊症って目の硝子体に残存した血管の繊維成分なんですね。
硝子体はレンズの役目をする水晶体と網膜との間を満たすゼリー状の液体で満たされた組織だそうです。
胎児の時には、この硝子体にも血管が通っているそうなんです。
生まれると衰退していくそうなんですが、繊維成分は残るんですね。
糸状の物が見えるのはその為なんですね。
目に入った光は、この硝子体を通って網膜にあたり、網膜が電気信号として脳に伝えているわけなんですが、硝子体に到達する前に角膜→虹彩→水晶体→硝子体と通って網膜へ到達します。
知ってのとおり、水晶体がレンズの役目をしています。
この水晶体の厚さを変えることでピントあわせているんですよね。
虹彩は、絞りの役目をします。
カメラでも露出を調整します。
明るいところでは、虹彩を絞って光の量を減らします。
この時の直径は2~4ミリだそうです。
最大に開く大きさは年齢によって変わるようで、歳を取ると大きく開かなくなっていきます。
網膜はデジタルカメラなどではCCDやフォトMOSなどのセンサーですよね。
CCDなどと同じように、赤の周波数に反応する細胞や黄色の周波数に反応する細胞などがあるようです。
角膜は、よく角膜移植で話題に出てくる部位です。
角膜が濁ってしまうと失明してしまいますよね。
だから、この角膜を移植するわけですね。
最近の再生技術では、本人の他の部分の細胞を使って角膜を作る技術を開発中です。
角膜は非常に薄い膜で、厚さ550ミクロンだそうですよ。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*