Archive for 11月, 2012

はてなブックマーク - 無精で、コンタクトのケアができない人っていますよね。
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
無精で、コンタクトのケアができない人っていますよね。レーシックってどうなの比較

面倒な事です。

コンタクトケア。

毎日、コンタクトレンズを外して、洗って保存液で消毒して。

 

確かに、ワンデイなら付けて捨てるだけですが、付けたまま寝てしまってとかありますよね。

 

フットボールアワーの後藤 輝基さんもそんな一人だった様です。

不規則な芸人さん。

夜は深夜におよぶ撮影等もありますよえね。

 

だから、目が炎症を起こしたりして大変だった様です。

それで、薦められていたレーシックを行ったそうです。

 

手術当日は怖かったらしいです。

結構な数の人が手を握ってもらってると言ってました。

体験談でですね。

 

後藤さんも女性のスタッフさんに手を握ってもらったらしいです。

手を握ってもらったら安心するんでしょうね。

 

後藤さんの場合、手術室から出て来た時には見えるようになっていたそうです。

その後、二日経ち、三日経ちしているとどんどんとクリアーになって来たそうです。

 

よく翌日にはくっきりって見ますが、だんだんと良くなっていくものなんですね。

Be the first to comment
はてなブックマーク - 頭痛が無くなったとの経験暖がありました
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
頭痛が無くなったとの経験暖がありましたレーシックってどうなの比較

レーシックを行うと、視力がよくなりますね。

後遺症が残るって話もありますので、全員が完璧に回復するって訳ではないようですね。

しかし、逆の体験談も見つけました。

 

頭痛が無くなったって言う体験談です。

 

この人は、20歳の女性です。

両方の視力が0.1って事です。

 

その両眼が2.0に回復しています。

2.0は少し回復しすぎの様に思います。

以前私は2.0でした。

当時、少し辛かったです。

勉強していると頭痛がしたのです。

 

視力良すぎるってのも頭痛になるのですね。

 

ただ、この女性は偏頭痛が治ったってことです。

視力って大切です。

確かに、目が悪いのに、遠くの文字を読もうとしたりすると疲れますよね。

一日続けていると、頭痛くなります。

 

視力が適正で無いと頭痛が起こるんですね。

Be the first to comment
はてなブックマーク - 老眼もレーシックで治せる時代なんですね。レーシックカメラ
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
老眼もレーシックで治せる時代なんですね。レーシックカメラレーシックってどうなの比較

年齢的に無理なのでは?

そう、レーシックの治療には年齢の壁があるのではって思っちゃいますね。

コンタクトレンズの使用期限が20年から25年って言われています。

 

しかも、使用方法を守ってです。

私みたいに、かなり無茶して使ってたらもっと短いでしょうね。

そして、老眼もやってくるでしょう。

 

目がいいから老眼になるって訳ではありません。

視力が低いから老眼にならないって訳でも無いですよね。

 

最近、老眼を含めたレーシックが盛んになってきました。

レーシックカメラって治療法です。

 

レーシックカメラでは、カメライントレーと言う物を挿入します。

直径3.8ミリ・厚さ5ミクロンと薄くて小さいものです。真ん中に小さな穴が開いています。

この穴により、光の量を少なくすることで、カメラの絞りを絞った状態になります。

絞りを絞ると、被写界深度が深くなるので、手前も奥もピントの合う距離が広がります。

 

試しに、一眼レフカメラなどで、絞りを絞ってみてください。

ピントが合いやすくなって、後の建物も綺麗に写ります。

逆に、絞りを開けると、ぼやける範囲が増えます。

 

カメライントレーそ挿入するのは片眼だけです。

暗いところに行くと光の量が少なくなっているので、暗く感じるのでしょうね。

片眼はイントレーを挿入せず、暗さに対応するようです。

 

老眼治療が手術で行える時代になってきたことに感動です。

更に、技術が上がると、新たな老眼治療が行われるかもしれませんね。

 

 

レーシック

Be the first to comment
はてなブックマーク - スポーツ選手は目が命!プロゴルファーの体験談
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
スポーツ選手は目が命!プロゴルファーの体験談レーシックってどうなの比較

スポーツ選手にとって目は命ですよね。

特に、球技のスポーツ選手は、視力によって成績がかわってしまいます。

賞金に直結するプロゴルファーならなおのことですね。

 

速く動くボールを捕らえる野球やテニス、時速300キロを超えるシャトルが行きかうバトミントン、目が必要な競技はそれだけでは無いんですね。

 

ゴルフも、地形を読む事が大切。

視力がよければ芝目も読みやすいですよね。

その少しの違いが、大きく成績を左右しかねないわけです。

 

更に、屋外でのプレーを余儀なくさらるゴルフ。

環境の変化に伴う感想や強風による異物の混入などのリスクが付きまといます。

コンタクトレンズの場合、プレー中に異物が混入すると致命傷です。

 

乾燥により、見えにくくなることもあるようです。

美人プロゴルファーの宅島美香さんもレーシックを受けて視力を回復した一人だそうです。

宅島美香さんがレーシックを受けたのは、品川近視クリニック。

先生やスタッフが優しくて、リラックスして受けることができたそうです。

宅島美香さんも、はやく受ければよかったと感想を書いています。

 

翌日には、眼鏡やコンタクトレンズなどの矯正なしで、くっきりと景色が見えたそうです。

宅島美香さんにとって意外な効果は、プレーに集中できるようになった事のようです。

コンタクトレンズでは、目が乾いている事で、気がそれたり、ごみが入るので張って気を使っていた宅島さん。

そんなわずらわしさが無くなって、自信を持ってプレーできるようになったのだそうです。

 

まったく痛みも無く、怖くも無かったと言う感想ですね。

痛みもないのであれば、手術を受けたいって人は増える様におもいますね。

Be the first to comment