レーシック Archive

はてなブックマーク - 老眼もレーシックで治せる時代なんですね。レーシックカメラ
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
老眼もレーシックで治せる時代なんですね。レーシックカメラレーシックってどうなの比較

年齢的に無理なのでは?

そう、レーシックの治療には年齢の壁があるのではって思っちゃいますね。

コンタクトレンズの使用期限が20年から25年って言われています。

 

しかも、使用方法を守ってです。

私みたいに、かなり無茶して使ってたらもっと短いでしょうね。

そして、老眼もやってくるでしょう。

 

目がいいから老眼になるって訳ではありません。

視力が低いから老眼にならないって訳でも無いですよね。

 

最近、老眼を含めたレーシックが盛んになってきました。

レーシックカメラって治療法です。

 

レーシックカメラでは、カメライントレーと言う物を挿入します。

直径3.8ミリ・厚さ5ミクロンと薄くて小さいものです。真ん中に小さな穴が開いています。

この穴により、光の量を少なくすることで、カメラの絞りを絞った状態になります。

絞りを絞ると、被写界深度が深くなるので、手前も奥もピントの合う距離が広がります。

 

試しに、一眼レフカメラなどで、絞りを絞ってみてください。

ピントが合いやすくなって、後の建物も綺麗に写ります。

逆に、絞りを開けると、ぼやける範囲が増えます。

 

カメライントレーそ挿入するのは片眼だけです。

暗いところに行くと光の量が少なくなっているので、暗く感じるのでしょうね。

片眼はイントレーを挿入せず、暗さに対応するようです。

 

老眼治療が手術で行える時代になってきたことに感動です。

更に、技術が上がると、新たな老眼治療が行われるかもしれませんね。

 

 

レーシック

Be the first to comment
はてなブックマーク - マジか!コンタクトレンズ装着は25年が限界
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
マジか!コンタクトレンズ装着は25年が限界レーシックってどうなの比較

もちろん使う頻度や使用する人の環境によっても違ってきますが、コンタクトレンズを使い続けることのできる寿命期間は平均で25年といわれています。
うそ?知らなかった?
そう思った方居ませんか?
ハイ!私がそうです。
コンタクトレンズってずっと使えるのだと思っていました。
現在の私は使い捨てソフトコンタクトレンズのおかげで生きていけています。
私は、メガネが大の苦手だからです。
鼻の上に異物がのっている感耐えられません。
もし、コンタクトレンズ使えなくなったら??
調べると、コンタクトレンズを長期間使用すると、角膜が薄くなるという弊害があるそうなのです。
それ以外にも、角膜内皮細胞が死滅するというリスクもあるって??
コンタクトレンズを5年ぐらい連続使用すると、角膜内皮細胞が10%減少するらしいのです。

コンタクトレンズは、どんなに酸素透過率が高いものでも、角膜内皮細胞が酸素不足を引き起こし、機能が低下するんですね。
 
20年も使用していると、かなり角膜内皮細胞が減ってします。
そうなったらレーシックもできない??
角膜内皮細胞が極端に少ない人はレーシックができない。
若くて、角膜内皮細胞が元気なうちにレーシックをやらないといけませんね。
もう時間が無いかも
やばい。
Be the first to comment

後遺症

By bato | Filed in レーシック
はてなブックマーク - 後遺症
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
後遺症レーシックってどうなの比較

後遺症
レーシック手術を行うことで発症してしまう後遺症的な症状があります。
とは言っても、イントラレーシックではほとんど起こる事は無いようです。
一時期、フラップを作る時のマイクロケラトームの不正な使用によって、感染症に感染したり、細菌や真菌が感染してしまったケースが報告されました。
おそらく現在はそんな医院はないとは思いますが、こればっかりはわかりません。
いい医院を選ぶしかないですね。
感染症としては、ブドウ球菌などは目の周辺に存在していて、結膜炎などを起こします。
このブドウ球菌がレーシックの際に切開部やフラップに混入することが考えられます。
抗生物質の点眼液をしっかりと行うことで、これらの細菌の感染は防ぐことができますので、手術後は処方される点眼液をしっかりとする必要がありますよね。
ウイルス感染症はは抗生物質では予防できません。
レーシック後、涙が減るドライアイなんかになると、人に近いウイルス、ヘルペスウイルスなんかが結膜炎を起こす可能性があるおうです。
イントラレーシックは、レーザーでフラップを作るようで、しかも、眼に触れる部品は全てディスポーサルなので、他人からの感染という観点で行くと安全なようですね。
とは言え、抗生物質の点眼などは必修です。
抗生物質を点眼しないと角膜潰瘍などが起こる可能性があるようです。
角膜潰瘍になると角膜の組織が崩れて潰瘍となります。
怖いので、ちゃんと点眼しないといけませんよ。
Be the first to comment
はてなブックマーク - レーシックの問題点
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
レーシックの問題点レーシックってどうなの比較

レーシックの問題点
それはやっぱり問題もあるでしょうね。
だって、角膜を捲り上げてレーザーを当てるのですから。
特に、初期のレーシックではいろいろと問題点があったようです。
初期のレーシックにあった問題点は、技術の進歩で解消されつつあるようです。
レーシックは、医師の経験よりも機械の性能によるところが多いといえます。
新しい機械の方が性能も改善されているわけですね。
特に、フラップを作る時の切り口が歪であるために起こるハレーションなどは、イントラレーシックの進歩と共に減少しています。
また、エキシマレーザーの照射速度と細かさの向上から見え方や視力回復の度合いも解消しています。
ただ、全て解消しているかなかなかわかりませんよね。
私の周りのレーシック経験者は、現在メガネから解放されている人たちが多いです。
この実証例が一番信用できる情報かもしれません。
そんな、経験者に聞くと、少し物が2重に見えたりすることがあるようです。
しかし、普通に生活している状態では問題が無いようです。
副作用
本や説明用冊子などで上げられている副作用は幾つかあります。
1、ハロ
ハロといわれている現象のようで、明るい光源がにじんだ様に見える症状のようです。
コンタクトを長時間つけたままにしてしまった時、たまに似たような状態になります。
あんな感じかなって思います。
若い人に多いと書かれています。
ただ、通常は3ヶ月ぐらいから徐々に解消されていくようです。
2、スターバースト
明るい光源周囲に光が細く広がって見える症状のようです。
カメラにフィルターをつけた様な感じでしょうか。
3、コントラストの低下。
これは、初めて知ったのですが、暗いところで鮮明さが低下するようです。
この現象も若い人や極度の近視のかたの手術の時に多いようです。
4、ドライアイ
ドライアイは、コンタクトレンズなどでも起こりえますから、ある程度宿命的な症状かもしれませんね。
Be the first to comment