眼の仕組み Archive

近視

By bato | Filed in 眼の仕組み
はてなブックマーク - 近視
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
近視レーシックってどうなの比較

近視には屈折性近視と軸性近視とがあります。

屈折性近視は、角膜や水晶体の屈折力が大きすぎて、光が網膜の手前で焦点があってしまっています。

近くのものはよく見えても遠くのものは見え難くなります。

 

軸性近視は、眼球の長さが長く、焦点が網膜の手前であってしまう近視をいいます。

この他にも仮性近視と言われているものがあります。

 

毛様体といわれる部分が一過性の緊張を起こして、屈折率が高くなるため、焦点が網膜の手前で合ってしまうのです。

 

 

Be the first to comment

目の仕組み

By bato | Filed in 眼の仕組み
はてなブックマーク - 目の仕組み
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
目の仕組みレーシックってどうなの比較

眼球の大きさは、大体22〜25mmで平均24mmです。

一般に、中央部分の色の着いた部分を瞳孔といい、その周りの色の薄い部分を光彩と読んでいます。

周りの白い部分は強膜と言われています。

眼球を覆う役目を果たしています。

まぶた等も役割があり、涙腺から出た涙を瞳全体に潤す役目をになっています。

カメラでいう所のレンズの働きをするのが角膜です。

デジカメでいうところの、センサーの役目をしているのが網膜です。

Lasikが最も関係するのが角膜です。

角膜は、所謂黒目に当たる部分で、この角膜が濁ってしまったり損傷してしまった場合は、角膜を移植しないといけません。

角膜の厚さは0.5〜0.7mmで、光を屈折させ網膜に像を結ばせます。

この屈折の仕方によって視力が変わってきます。

遠視や近視になった場合、角膜部分にコンタクトレンズなどを入れ屈折を帰る事で矯正するのです。

瞳孔の周りなる虹彩の昨日は、光の調節を行う事です。

Be the first to comment
はてなブックマーク - 近視って眼が悪い?
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
近視って眼が悪い?レーシックってどうなの比較

近視は眼が悪いとは違います。
私は、昔は視力がすごくよかったんです。
2.0ありました。
しかし、大学受験勉強を行って以来、視力が低下していきました。
でもですよ、これは私の目が劣っているからではないと思うんです。
視力が2.0あった時は実は頭痛も酷かったんです。
見えすぎているからか勉強なんかするとピントを合わす作業が辛いんだと思うんですが、頭痛になりやすかった。
勉強をあまりしていない時代は近くにピントを合わせる必要が無いので、視力がよかったんだと思います。
勉強をしないといけなくなって、手元の距離にピントを合わせる必要が増えてくると、それに体が順応するのが近視ではないかと思います。
これに、拍車をかけるのがメガネなどではないかと思っています。
私も、今から考えるととんでもない状況でメガネをかけ始めたんです。
予備校に通い始めた私は、黒板が見にくいことがありました。
たぶん、黒板が遠かっただけだと思うんです。
視力が落ちて思うに、その頃でも1.0か1.5あったんじゃないかなと思います。
2.0から落ちたので、見えなくなったと思ってしまったんです。
1.0とかでメガネかけるなんてありえないですよね。
最初にメガネを作りに言ったのが眼科だったら、メガネの必要はありませんといわれたと思います。
ここが、悔やまれるところ。
メガネを量販店に買いにいったんですね。
最近では、視力などを教えてくれたり、いろいろとアドバイスをくれるメガネ店ですが、当時は何も教えられないままメガネを作ってくれました。
メガネ駆け出すとどんどん視力は落ちます。
当たり前です、体は使うことが多くなった近くにピントを合わせる目にしていっているんですから。
ところが、私は視力が落ちたと思うから、メガネで視力を戻します。
すると体は更に視力を落とさないと近くにピントを合わせにくくなるわけです。
このあたり、今でも尚商品を売ることを優先するメガネ店や眼科がありますね。
視力は一生もの、気軽に矯正してはいけないのではないかと思います。
Be the first to comment
はてなブックマーク - コンタクトに使用期限があるって知ってました?
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
コンタクトに使用期限があるって知ってました?レーシックってどうなの比較

コンタクトレンズに使用期限があるという事実
コンタクトレンズに使用期限があるなんてあたりまえじゃないの?って思った方、コンタクトレンズ自体の使用期限じゃないんです。
目の方が、コンタクトレンズをすることが出来なくなるらしいです。
私も、メガネが苦手です。
どうしても慣れません。
装着感をぬぐえないんです。
でも、コンタクトレンズがあるから、ずっとコンタクトレンズすればいいかなって思ってました。
しかし、体の方にもコンタクトレンズの使用を出来なくなる期限があったんですね。
それは、角膜の最下層にある内皮細胞です。
この内皮細胞には小さな穴が開いているらしく、下の層から水分などを供給しているそうです。
この内皮細胞は酸素が少なくなると死んでいくそうなんですよ。
死んでいくと細胞の数が少なくなり、角膜に水分が供給できなくなるためにドライアイになったり、最悪の場合は角膜が濁ってきて視力が低下してしまうようです。
コンタクトレンズは角膜を覆ってしまうため、内皮細胞に酸素がいきわたりにくくなる。
そうなると、内皮細胞が減っていくんですよ。
やばい!
減ってくると、コンタクトの使用を中止しないといけません。
私なんて、起きてる間殆どコンタクトつけてます。
やばいです。
最近のコンタクトレンズは酸素を通す素材で出来ているため、結構長い時間装着していても大丈夫になったようです。
がっ、コンタクト使用できなくなったら困ります。
これは、本気でレーシックを考えないといけませんね。
Be the first to comment